Category: Uncategorized

Tons of deals from FunFitness – an Amazon merchant

1 – Prime member discount up to 30%
2 – Black Friday week deals up to 23%
3 – 10% extra storewide discount when applying BestGifts code
4 – Exciting video contest coming with even more perks…

You name it, we have it!
Bookmark our deal pages below for your country to avoid missing our latest deals and don’t forget to follow us on our social media.


US store 👉 https://www.amazon.com/funfitness
UK store 👉https://www.amazon.co.uk/funfitness
Germany store 👉 https://amazon.de/funfitness
France store 👉 https://www.amazon.fr/shops/A1LCZFUQQHKYH3
Spain store 👉 https://amazon.es/funfitness
Italy store 👉https://www.amazon.it/stores/page/7D9256F8-D5F7-47E3-9390-6145735E4841
Japan store 👉https://www.amazon.co.jp/shops/A232H2GZ0O1FP4

Happy shopping!

FunFitness team

新年の決議は解散になる

あなたは新年の決断をしましたか? もしそうなら、あなたはそれをあきらめていますか、あるいはあなたは敗北を認めようとしませんか? あなたが典型的なアメリカ人なら、今年1月9日に新年の決議をあきらめている可能性が約28%あります。 2週間後32%、1ヶ月後42%、6ヶ月後56%であった。 オーストラリアでの調査では、3ヵ月以内に80%が失敗することが示唆されています。

Graphic stock with permission
ソース:許可のあるグラフィックストック

あなたの新年の決議に追いついていないことは、あなたが恥ずかしくなければならないものではありません。 それは珍しいことではないだけでなく、残念ながらノルムです。

 

 

ほとんどの決議がなぜ解散するのかを見る前に、新年の決議の歴史、成功率、目標について話しましょう。

歴史

新年の決議という概念は新しいものではありません。 毎年の初めにバビロニア人は神の約束をして、借りた物を返還し、債務を返済することを約束しました。 これらの伝統は、中世の間、各年の騎士が騎士道へのコミットメントを再確認するところから継続しています。 自己反映の伝統と自己改善へのコミットメントは、ユダヤ教の新年、ロシュ・ハシャナ、そして多くのキリスト教の伝統における夜間サービスの宗教的な相関関係を持っています。

成功率

予想通り、新年の決断をする習慣は大いに普及しています。 アメリカ人の約41%は新年の決議をし、42%は決して新年の決議をしないと推定されています。 ブリストル大学の2007年の調査によると、新年の決議の88%は達成されていないが、統計的脳研究機関の最近の研究(2017年1月1日)は、1273人の回答者の9.2%新年の決議を達成する上で 48%がまれな成功を収めていると答え、42%以上が毎年彼らの決議で決して成功しないと認めています。 意外にも、達成率は、20歳代の方が50歳を上回る割合よりも高いようです。これは、自己報告の性質と目標の種類によって混乱する可能性があります。家族や友人やソーシャルメディアと目標を共有することができます。

性別

1つの調査によれば、女性はそれが困難(79%)、男性(70%)に比べて目標を達成する可能性が低いことが判明しました。 女性は3ヶ月以内に決議をあきらめる傾向がありました。 女性の目標は、より頻繁に健康、フィットネス、旅行に関わっています。

目標

典型的な新年の決断は何ですか? オーストラリアでの2015年の調査によると、保健とフィットネスの目標は58%、金額は15%、関係は8%、ビジネスとキャリアは7%、旅行は6%、そして最終的には教育の順になっています。

GraphicStock with permission
出典:許可を得たGraphicStock

Statistics Brain Research Instituteによる2017年の最も一般的な解決策の種類は次のとおりです。

  1. 身体的健康を改善する、喫煙をやめる、悪い習慣を取り除く、爪を止める、アルコールを飲む、外国語を学ぶ、新しい習慣を取る、新しい道具を学ぶなど、自己改善または教育関連の目標(44%)より良い教育、より多くの本を読んだり、地域活動にもっと関わったり、もっと精神的になったり、宗教サービスにもっと頻繁に出かけたり、より積極的に考えたり、もっと笑ったり、もっと笑ったり、もっとストレスを少なくしたり、テレビを減らし、時間を無駄にすることなく、仕事でより良い成績を収め、より良い仕事を得て、キャリアを向上させ、自らのビジネスを開始し、旅行をし、組織し、ボランティアを増やし、慈善にもっと貢献し、
  2. 負債から逃げる、より多くのお金を節約する、小額の投資をするなどのマネー関連の目標。
  3. 健康的な食べ物を食べたり、体重を減らしたり、筋肉を増やしたり、迷惑な食べ物を少なくするなどの体重関連の解決策。
  4. 新しい友人を作る、友達や家族と一緒にやり直す、家族と時間を過ごす、社会的スキルを向上させる、婚約する、結婚する、子供を持つなど関係関係の宣言(23%)。

なぜ彼らは失敗するのですか?

新年の決議は、私たちが設定した他の多くの目標と本当に同じです。 そのようにして、目標を達成しないことは珍しいことではありません。 多くの人々は定期的な目標を設定することに慣れていないので、それをやり遂げる方法を知らない。 52%が当初の成功を確信していましたが、成功率は10%以下です。 それを念頭に置いて、新年の決議が失敗する最も一般的な理由は、35%が非現実的な目標を設定し、33%が進捗状況を把握していないということです(finder.com.au新年の解決調査、2015年)。人々のほぼ4分の1がそれを忘れてしまった! 最後に、10%があまりにも多くの決議をしたと答えた。

あなたの決断を高める

GraphicStock with permission
出典:許可を得たGraphicStock

1. 1 つの目標 :新年の決断をすることは非常に簡単です。 それらを達成することは信じられないほど困難です。 古い習慣は激しく死ぬ。 私たちの行動を変えることは、精神的、身体的、社会的、感情的、精神的な困難を伴います。 これを念頭に置いて、1つの新年の決断にあなた自身を制限してください。 今年度以上に作ったことがあるなら、それらを真剣に見て、それ以下の#2に基づいてそれほど重要でないものを取り除こうとしてください。

2.価値観に基づく解決策 :目標を設定する際には、単純な欲求だけでなく、心地よく心のこもった意味のある欲求が重要でなければなりません。 これをどうやってやるの? 新年の決議を価値に基づいて作成する。 詳細はMy Psychology Todayの記事「The Value of Goals」を参照してください。 これはあなたの “WHY”を供給します。あなたがこの目標を達成する必要がある根本的な理由。 これを行うには、必ずしも既存の解決策を変更する必要はありません。 なぜこの目標を選んだのか、自分に尋ねてください。 たとえば、私の決断が喫煙を止めることであるならば、喫煙は悪い習慣であると言うことができます。 しかし、それはいつも悪い習慣であり、私はそれを毎日やっています。 私は「それは悪い習慣です」と麻痺しました。代わりに家族、健康、旅行の根底にある価値に焦点を当てます。 家族は私にとって重要で、私は孫が育つのを見るのに十分長く生きたい。 私は彼らと一緒にゲームをすることができ、私の父のように酸素タンクなしで旅行できるようにしたい。 私は独立して、気腫やCOPDによって物理的に制限されないようにしたい。 あなたの人生でこれらの重要な意味に集中することは、あなたの決意を活性化させ、あなたが単にそれらを作ったことを単に「忘れる」ことを許さないでしょう

3. 現実主義 :解決策が解消する最も頻繁な理由の1つは、現実主義の欠如である。 “私は会社の社長になるつもりだ” “毎日働くために歩くつもりだ” “ジャンクフードを食べることは決してない”これらの目標のそれぞれに健康的な要素があるが、明らかに非現実的である。 常にまたは決して含まれない目標を使用しないでください。 残念なことに、魅力の法則を信じる人にとっては、すべての目標が達成可能であるということは真実ではありません。 これはまさに目標達成が失敗する方法です(心理学の今日の記事、魅力の法則に関する真実を見てください)。 楽観的かつ現実的である。 あなたが本当に達成できるもの、つまり幻想的で非現実的なものを達成するために断固としてください。

4.測定可能性 :今では、価値に基づく、現実的な目標を設定しています。 たとえば、「私は体重を減らすつもりです。 どれくらいの重さ? 1週間に1ポンドを失うなど、測定可能な目標を設定していた男性は、「ある程度の体力を失う」などの一般的な目標を設定した場合と比べて、達成可能性が22%高くなりました。あなたがそれを達成したかどうかは決して分かりません。 あなたの進歩を一貫して測る方法があるので、測定可能な目標は動機付けです。

5.時間について :価値に基づく、現実的で具体的で、測定可能な目標を設定することで、この決議案がいつどのように時代遅れになるのかについてスケジュールを設定することができます。 それを「来年中にはいつか」にすることは十分ではありません。 小さなミニゴールでタイムラインを設定することで、達成されるほど頻繁に祝うことができます。 それぞれの目標や解像度をドミノとして見てください。 ゴール達成のための終了日を選び、あなたのゴールをより小さなミニゴール、つまり複数のドミノに分解してください。 あなたはそれらのドミノをキックするいくつかの完了日を設定しようとします。 これはあなたの進歩を追跡し、集中力を維持し、目標が支配的になっているのを見て奨励する素晴らしい方法を提供します!

6. 計画 :ミニ目標を達成するためのタイムラインで、価値に基づく、現実的で具体的かつ測定可能な目標を達成しました。 次は何ですか? これがどのように達成されるかについての確かな計画を立てる。 ビジネスを始めるのと同じように、ビジネスプランを必要としません。もちろん、それを成功させたい場合を除いて、あなたの決断でもそうです。 宇宙に残すだけではありません(魅力的な人々の法則)。 これを実現させるのはあなたの責任です。 あなたはこれを達成するためにどのような措置を講じるでしょうか? 潜在的な障害は何か? あなたはこれらの課題にどのように立ち上がりますか? 失う体重は起こるだけではありません。 あなたの食事や運動スケジュールにはどんな具体的な変更がありますか? あなたの決断と同様に、あなたの計画を非常に現実的にしてください。

7.広告 :新年の決議を達成した人の75%が、目標を共有することが成功するのを助けたと感じました。 女性が目標を公開し、同輩の支持を得たとき、成功の確率は10%向上しました。 あなたの決断をあなた自身にとどめないでください。 あなたの友人や家族に告げることでそれらを宣伝し、ソーシャルメディアへのあなたの決議について言及することを検討してください。 より多くの人々があなたの目標について知っていると、それはあなたを忘れることを非常に困難にし、それらを達成するためのプレッシャーを高めます。 あなたは応援のセクションを持っています。それを活用してください。

8.祝賀会 :私が上で述べたように、あなたの成功を祝う。 あなたの決断をより小さなドミノのゴールに分けることで、うまくいった仕事のためにあなた自身を推薦する機会を与えます。 あなたの目標を支配しているときは、すぐに次の目標に移行してこの達成を最小限に抑えないでください。 街の夜やあなたに特別なお菓子で報いる時間を取ってください。 その同じソーシャルメディアで言及し、賞賛のメリットを享受してください。

私たちは間違いなく、成功したゴール達成を「幸運」と主張します。新年の決議を達成することは運の問題ではありません。 それは誰もが達成できる目標設定スキルです。今日の心理学での私の記事は、8人の幸運な人の習慣をご覧ください。 素晴らしい一年を迎え、あなたの希望、夢、目標、願い、願望のすべてにおいて大成功をお祈りします。

Cómo pasar el balón en fútbol

Dar un buen pase es una de las habilidades principales en el fútbol. Eso es lo que hace que el juego continúe y es probable que tu equipo tenga dificultades para anotar un gol si no das buenos pases. La clave de los pases es mantenerlos simples, lo que significa que siempre debes tratar de pasar el balón hacia el compañero de equipo que esté más cerca de ti y que no esté marcado por algún oponente.

Pasos

  1. Imagen titulada Pass a Soccer Ball Step 1
    Primero debes saber cómo patear el balón. Debes usar la cara interior de tu pie para pasar la bola.
    Imagen titulada Pass a Soccer Ball Step 2
    Decide a quién le vas a pasar el balón.
    Imagen titulada Pass a Soccer Ball Step 3
    Asegúrate de que la persona esté desmarcada y que sea un jugador inteligente.
  2. Imagen titulada Pass a Soccer Ball Step 4Asegúrate de que no haya ningún jugador del equipo opuesto en la trayectoria del pase
    Imagen titulada Pass a Soccer Ball Step 5Si estás corriendo y vas a dar un paso, desacelera y coloca tu pie que no patea cerca de la bola.
    Imagen titulada Pass a Soccer Ball Step 6Si estás quieto, trata de dar un paso hacia atrás y coloca el pie que no patea al lado de la bola.
    Imagen titulada Pass a Soccer Ball Step 7El pie que no patea debería estar apuntando hacia tu objetivo
    Imagen titulada Pass a Soccer Ball Step 8Patea firmemente al balón con el lado interior de tu pie
    Imagen titulada Pass a Soccer Ball Step 9Asegúrate de que tu tobillo esté firme
    Imagen titulada Pass a Soccer Ball Step 10Continúa y levanta tu pierna. Asegúrate de que tu pierna no se levante demasiado o si no te caerás hacia atrás
    Imagen titulada Pass a Soccer Ball Step 11Sigue jugando y asegúrate de que el pase llegue al objetivo. Si no es así, trata de recuperarlo.
    Imagen titulada Pass a Soccer Ball Step 12Controla el balón antes de decidir qué quieres hacer con él.
    Imagen titulada Pass a Soccer Ball Step 13Cuando pases la bola a un jugador que está lejos de ti, necesitarás usar más potencia en tu disparo para que la bola llegue a él

Consejos

  • Trata de relajarte y de concentrarte en pegarle correctamente al balón.
  • No seas muy vicioso con el balón, pásalo. Tendrás muchas más oportunidades para anotar goles si juegas en equipo
  • Inclínate hacia atrás si quieres que el balón gane altura.
  • No siempre debes pasar la bola. Algunas veces será mejor que patees al arco o que avances con la bola.
  • También puedes pasar el balón con la cara externa de tu pie, con la suela, con el tobillo o con la parte de los pasadores.
  • Inclínate un poco hacia adelante cuando pases el balón.
  • Recuerda, hacer un buen pase es clave en el fútbol.
  • Siempre debes saber a quién le vas a pasar el balón.
  • Busca alternativas cuando vayas a pasar la bola.
  • Debes saber cuál de tus compañeros te dará la opción de pase en una triangulación.
  • Si el jugador sigue marcándote, haz un pase por arriba de su cabeza y así el balón llegará a los pies de tu compañero de equipo. También sirve para anotar goles.

es.wikihow.com

How to Make (and Keep) a New Year’s Resolution

More than half of all resolutions fail, but this year, they don’t have to be yours. Here’s how to identify the right resolution to improve your life, create a plan on how to reach it, and become part of the small group of people that successfully achieve their goal.

Pick the Right Resolution

You’ll give yourself your best shot at success if you set a goal that’s doable — and meaningful too.

According to the time management firm FranklinCovey, one third of resolutioners don’t make it past the end of January.

A lot of these resolutions fail because they’re not the right resolutions. And a resolution may be wrong for one of three main reasons:

  • It’s a resolution created based on what someone else (or society) is telling you to change.
  • It’s too vague.
  • You don’t have a realistic plan for achieving your resolution.

Your goals should be smart — and SMART. That’s an acronym coined in the journal Management Review in 1981 for specific, measurable, achievable, relevant and time-bound. It may work for management, but it can also work in setting your resolutions, too.

  • Specific. Your resolution should be absolutely clear. “Making a concrete goal is really important rather than just vaguely saying ‘I want to lose weight.’ You want to have a goal: How much weight do you want to lose and at what time interval?” said Katherine L. Milkman, an associate professor of operations information and decisions at the Wharton School of the University of Pennsylvania. “Five pounds in the next two months — that’s going to be more effective.”
  • Measurable. This may seem obvious if your goal is a fitness or weight loss related one, but it’s also important if you’re trying to cut back on something, too. If, for example, you want to stop biting your nails, take pictures of your nails over time so you can track your progress in how those nails grow back out, said Jeffrey Gardere, a psychologist and professor at Touro College of Osteopathic Medicine. Logging progress into a journal or making notes on your phone or in an app designed to help you track behaviors can reinforce the progress, no matter what your resolution may be.
  • Achievable. This doesn’t mean that you can’t have big stretch goals. But trying to take too big a step too fast can leave you frustrated, or affect other areas of your life to the point that your resolution takes over your life — and both you and your friends and family flail. So, for example, resolving to save enough money to retire in five years when you’re 30 years old is probably not realistic, but saving an extra $100 a month may be. (And if that’s easy, you can slide that number up to an extra $200, $300 or $400 a month).
  • Relevant. Is this a goal that really matters to you, and are you making it for the right reasons? “If you do it out of the sense of self-hate or remorse or a strong passion in that moment, it doesn’t usually last long,” said Dr. Michael Bennett, a psychiatrist and co-author of two self-help books. “But if you build up a process where you’re thinking harder about what’s good for you, you’re changing the structure of your life, you’re bringing people into your life who will reinforce that resolution, then I think you have a fighting chance.”
  • Time-bound. Like “achievable,” the timeline toward reaching your goal should be realistic, too. That means giving yourself enough time to do it with lots of smaller intermediate goals set up along the way. “Focus on these small wins so you can make gradual progress,” Charles Duhigg, author of “The Power of Habit” and a former New York Times writer, said. “If you’re building a habit, you’re planning for the next decade, not the next couple of months.”
  • Create Your Plan

    Your end goal won’t just magically appear. Here are ways to figure out how to get there.

    Because you won’t just wake up and change your life, you not only need a plan for what to do, but also for what roadblocks you’ll come across along the way.

    If you’re trying to form or break a habit, Mr. Duhigg suggested breaking down that habit into its three parts: a cue, a routine and a reward.

    For example:

    Bad Habit: I check Twitter too often.

    Cue: I feel isolated.

    Routine: I check Twitter.

    Reward: I feel connected.

    Way to change the behavior: Instead of checking Twitter, get up and talk to a colleague.

    What about if you have a really bad health habit?

    Bad Habit: I smoke.

    Cue: I’m tired.

    Routine: I smoke a cigarette.

    Reward: I’m stimulated.

    Way to change the behavior: Instead of smoking a cigarette, replace the stimulus with something else, like coffee.

    Or if your habit affects your whole day?

    Bad Habit: I don’t get enough sleep at night.

    Cue: I feel like I need time to myself in the evening.

    Routine: I stay up too late watching TV.

    Reward: I’m entertained.

    Way to change the behavior: Instead of staying up late to watch TV, carve out special time each day to spend by yourself, even if that may mean asking for help with your children or taking a break from work each day.

    MAKE IT PERSONAL

    Of course, the cue and routine for a common bad habit, like smoking, is as individual as the person trying to quit. You may need to do some work to figure out what the real cue for the habit you want to change is, and then what will replace it.

    Both the cue and reward should be easy and obvious. Let’s look at one example in depth. For running, a cue could be just putting on your running clothes, even if at first you don’t do anything after that. “Oftentimes when people have never exercised before, and researchers are working with them to get them to exercise, the first week is: You should just put on your running clothes. Don’t even leave the house,” Mr. Duhigg said. Then add the first step in the new routine: Put on running clothes, walk around the block. “You want to create an environment where you’re making very slow progress that is guaranteed to deliver victories to you,” he said.

    And then the reward at the end of the action must be an actual reward, too, so that it reinforces the routine and makes you want to do it. “Otherwise your brain won’t latch onto the behavior,” Mr. Duhigg said.

    For example, if you run in the morning then rush through your shower and your commute, you might end up at your desk sweaty, so in effect “you’re punishing yourself for running,” he said. Your brain will pick up on that punishment and push back against the intended activity. Your resolution didn’t necessarily fail because you failed, but because you were trying to do it at the wrong time, which resulted in a punishment instead of a reward at the end. For running, a reward can be a nice long shower, a piece of chocolate or indulging in a feeling of pride, which can be reinforced by tracking your running in a journal and writing that down.

    But while your plan should be realistic and encouraging, it should also allow for inevitable hurdles that are going to crop up. Pauline Wallin, a psychologist and author of “Taming Your Inner Brat,” said any resolution plan should include room for mistakes. “You’re there for the long haul. You have to expect slip ups,” she said. “There will be times when you will say, ‘I’ll make a mess of things and I’m just going to start again tomorrow.’ Don’t berate yourself. Focus on what you’re doing good for yourself rather than what mistake you made,” she said.